Let's create imagined landscape!

KATOの新しいdiorama材料シリーズ、はじまる!

Copyright © 2016 KATO&Kaihatsu-shouten All Rights Reserved.

​ジオラマ内に水景の位置を決定したら、まずはプラスタークロスシェイパーシートプラスターなどで底面を完全に密封します。

「ディープウォーター」は非常に浸透性の高い素材で、小さな穴や亀裂からでもどんどんと漏れ出してしまいますので、この最初の

密閉する

​という作業は後々の工程に影響するとても大切な部分なのです。

月刊モデルアート2017年11月号にて

​「水底カラー」「さざ波」「大波小波」をご紹介いただきました!

クリックすると大きな画像をご覧いただけます。

WOODLAND SCENICS制作 How To VIDEO

「水底カラーの使い方!」

​乾いたら、筆や刷毛などで

「水底カラー」を塗ります。

色の境目はくっきりと描かず、

ドライブラシのような感覚で

ぼかしながらグラテーション

​つくりましょう。

​プラスタークロス、シェイパーシートプラスター以外では、このサイトでもご紹介しているホルベイン×KATOのシリーズをお使いいだけます。

水底を塗るときは、

★深い部分は濃い色

★浅い部分は薄い色

の基本に気をつけながら

​塗っていきましょう。

 

Golden Rule!!

ウォーター

システム