TERRAIN

​プラスタークロスの使い方

ABOUT

軽くて硬い丈夫な地表面の製作やジオラマ材料、石こう製品、

着色などを施したい土台の製作にお使いいただけます。

 

荒く織った布にプラスター(石こう)を付着させた素材となっており、

水につけて貼るだけで、簡単にしっかりとした地形を作り上げれます。

 

また、地形作りの際にできる、岩、トンネル、

地形の周囲の隙間を埋めるのに便利なアイテムです。

 

※既存製品の[24-302 プロスタークロス]の品名が変更になった製品です。

24-302  プラスタークロス(大)

200mm×4.5m      ¥1,600+税

24-528  プラスタークロス(小)

100mm×4.5m      ¥800+税

24-506  プラスタークロス用トレー​        25.4cm×35.5cm×4.44cm   ¥3,000+税

プラスタークロスを水に浸すのに最適なシリコン製のトレーです。

シリコンモールドに石こう液を流し込むなど、

石こうを使った作業に最適です。表面が平滑なので

ウォーターエフェクト[品番24-339]で滝を作ったり、

リアリスティックウォーター[品番24-338]で水のパーツを作成し

はがすためにもお使いいただけます。

持ち運びやすい両手グリップや、保管に便利な穴が

空いていて便利です。丈夫でお手入れも簡単にできます。

 

HOW TO USE

​PLASTER CLOTH

使用方法

① 地形をつくる

のちにプタスタークロスをかぶせる元の地形を

ジオラマ造形シート(品番24-501・24-502)

発泡スチロール、新聞紙、メッシュワイヤー

などを使い作ります。

丸めた紙

マスキングテープ

​発泡スチロール

② プラスタークロスを切る

ザラザラと石こうの付着している方が

上面(表)です。

③ 水に浸す

カットしたプラスタークロス全体が水で

濡れるように水に浸し​、引き上げます。

​プラスタークロス用トレー(品番24-508)を

使用すると​作業がしやすいです。

④ すき間なく貼り重ねる

貼り重ねていく際は、重ね途中の部分に

50%ほど重なるように貼ります。

重ね貼りすることで表面を滑らか

仕上げることができます。

​線路が設置してある場合は、水や石こうで

線路が汚れないように、あらかじめ

マスキングテープなどで保護しておきましょう。

​50%ほど重ね張り!

⑤ 平滑する

プロスタークロスを貼り重ねる位置に

置いた後、​指先を使い表面を

スムースにならします。

くるくる

​After

​Before

⑥ 乾燥

貼り終わった後は、一晩を目安に

乾燥させた後、各種ジオラマ素材で

情景を作りましょう。

地形完成!

その他の使い方

​Before

​After

地形作りでの隙間や段差を埋める

​ジオラマ造形シート

​プラスタークロス

シリコンモールドで成形した岩の

石こう面への接着

​岩と石こう面の隙間埋め

ジオラマ造形シートに重ね貼りして

頑丈な地形に

​Styrofoam

​LANDSCAPE 

​START!

​PLASTER CLOH

​UNDERCOAT 

Let's create imagined landscape!

KATOの新しいdiorama材料シリーズ、はじまる!

Copyright © 2016 KATO&Kaihatsu-shouten All Rights Reserved.