Shake!

​Shake!!

​小さなサイズのジオラマ

T-TRAKでのジオラマ作りに

オススメです!

​草地・雪景色の表現

日本の草はら・深雪

日本の風景になじむ明るすぎず、暗すぎない絶妙なカラーバリエーションの「日本の草はら」

​さらさらした雪独特の質感にこだわった「深雪」

専用の「繁茂・深雪ボトル」に草はら・深雪を入れてボトルをふりふりシェイク

ボトルを振って静電気を起こすことで、草や雪がふわっと柔らかく散布できます。

​草地の表現

​雪景色の表現

​使用方法

​用意するもの

24-406

​繁茂・深雪ボトル

24-419

​深雪

24-418

​深雪糊

[深雪糊] 塗布用

​筆

​雪 ver

「草はら」と「深雪」では、接着に使用する糊がそれぞれ異なりますので、専用の糊をご使用ください。

24-406

​繁茂・深雪ボトル

草はら各種

24-408

​草はら糊

[草はら糊] 塗布用

​筆

​草地 ver

手 順  

​※ 草はらを使用してご紹介しますが深雪も同じ手順になります。

1

​草を生やしたいところに

筆を使い 草はら糊を塗る。

4

​蓋をしっかりと閉めた後、

ボトルを​上下によく振る。

push!!

5

​糊を塗った面から8~10cmほど

離して勢いよくプッシュする。

2

​繁茂・深雪ボトルの内蓋を取る。

3

 草はらをボトルに入れる。

1mm〜2.5mmの草は毛足は

短いですが、密集感が出やすく、

下草作りにも役に立ちます。

POINT!!

​ボトルをよく振ることで静電気をおこし、​草はらを散布した時に

フワッと草が立ちます。

​日本の草はら 【雑草色】

​日本の草はら 【萌黄色】

​季節やシーンによって

草はらをブレンドしたり、

​草はらを重ねて散布することで

オリジナルの草地を

作ることができます

​積もったばかりのふかふかの

雪の表現には「深雪」が最適!

​ペースト状の「千古の雪」は、

凍った雪や根雪の表現に最適!

下地なしでそのまま濡れる!

完全に乾くと硬質な雪になり、

​ラメ成分によりキラキラ光ります。

使い方は、カンタン!

好きな場所に筆を使って塗るだけ!

Let's create imagined landscape!

KATOの新しいdiorama材料シリーズ、はじまる!

Copyright © 2016 KATO&Kaihatsu-shouten All Rights Reserved.