Let's create imagined landscape!

KATOの新しいdiorama材料シリーズ、はじまる!

Copyright © 2016 KATO&Kaihatsu-shouten All Rights Reserved.

大きな風景を

《直感的》に作る!!

シェイパーシート

硬質のアルミ材でできたシートを好きな形に形成し、専用の石膏を塗れば、

​土台や支柱の要らない丈夫なジオラマを造ることができます。

ホビーセンターKATOでお取り扱いを開始いたしました

Let's create imagined landscape!

をかなえるためのユニークな材料!

​◉画像をクリックすると商品スペックや価格をご覧頂けます。

what'S Shaper sheet?

ShaperSheet-シェーパーシートは、どんな形の地形でも直感的に造形することができる製品です。裏面がアルミホイルのような丈夫な材質でできており、サポート部品なしで自在に形を作り変えることができます。またシェーパーシートの表面は、風景づくりに最適な、石膏との相性を高める接着剤で製造された、白く薄い外皮で覆われています。シェーパーシートは、レイアウト、レイアウトの背景画、ジオラマ、展示品、アート作品、クラフトに、優れている製品です。(販売単位は1ロール=約1m80cm)

​ウッドランド・シーニック社で「モデラー達に最もインパクトを与えられるシェーパーシートのサンプルはどんなものだろう?」ということで作られた、人物と等身大のシェーパーシート・マウンテン。これほどの大きさながら、下の裏側の姿をご覧いただければわかるように、サポートはほとんどないので意外と軽い(とはいえ、高さがあるので撮影スタジオまでフォークリフトを使ったそうです。。)。

シェーパーシートから受ける劇的な感動は、その裏側を見たとき。海外のショーでもお客様はジオラマの裏側の周り、それぞれに感銘をうけていました。私たちもその一部。様々なシーナリーの使用見本市のようでもあり、ディスプレイとしても最適なのです。

surface

underside

山を作り、谷を作り、川を作る。

鉄道ジオラマに限らず、日本の風景を作りたいと思ったら、真っ先に浮かぶのがそんな山間の風景ではないでしょうか。通常、山を作るためには新聞紙などを丸めた上にダンボールを貼ったり、発泡スチロールを切って起伏を作り、その上にプラスタークロスを貼って形状を作っていました。小さなジオラマでも、起伏を作りたいときには粘土などを使って土台を作っていました。

​でも、シェーパーシートを使えば、新聞紙や発泡スチロールなどの土台作りは不要です。硬質なアルミの貼られたシートは、思いのままのランドスケープを直感的に形作ることができ、その上から専用のプラスター(石膏)を塗って固めたら、重力を無視した風景が出来上がります。

可愛い“Tiny”なジオラマもカンタンに作れますが、魅力はやっぱり、大きなジオラマ、大きな風景を《直感的》に作れるということ。これまでジオラマ作りに二の足を踏んでいた方にも、是非お試しいただきたい商品です。

I think it's worth 

challenging. 

Shaper Sheet 

Related Products

ホビーセンターカトー東京で

発売中のシェーパーシート関連商品

​お試しサイズのシェーパーシートとシェーパーシートプラスターがセットになったお得なスターターセットもございます。

Shaper Sheet Gallery

​まさに

sur-title03.png
sur-title02.png
sur-title01.png
minitrains-weblogo02.png

水の中を空中に。水草はペーパークラフトです。